前歯セラミック治療

  • Top
  • 前歯セラミック治療
症例 2023.9.15

こんにちは、皆さん。藤尾歯科・矯正歯科医院の院長の藤尾です。

今回は、前歯部の治療についてです。

前歯の外見に不安を感じる患者様が当院を受診されました。

主な悩みは、左側の被せ物の歯の色と、前歯と前歯の間に生じた隙間でした。まず、正確な診断が不可欠で、隙間の原因や被せ物の状態について徹底的な診査を行いました。

詳細な治療内容は割愛しますが、最良の結果を持続させるために様々な要素を考慮しながら治療プランを立案しました。

矯正治療や外科処置(歯冠長延長術)の検討も行い、より審美的で機能的なアプローチを提案しましたが、患者様は最小限の侵襲で改善を望まれました。そして、患者様は治療結果に非常に満足されました。

症例写真

特に注目すべきは、歯肉の健康状態の改善です。治療前にやや赤みを帯びていた歯肉が、治療後には健康的なピンク色に戻りました。患者様の笑顔がより輝くことを願って、これからも最善の治療とケアを提供し続けます。

次回の更新もお楽しみにしていてください。

症例詳細

主訴前歯の審美不良
年齢52歳 女性
治療内容左上1セラミック修復と右上1コンポジットレジン修復
期間約2ヶ月
費用15万円