セラミック治療

Ceramic

  • Top
  • セラミック治療

セラミック治療とは

セラミック治療と歯科医療養のセラミックを用いて、虫歯や歯の破折などによって失われた歯質を補い、歯の機能性と審美性を修復する治療です。歯の欠損が軽度であればセラミックインレー(詰め物)による治療を、歯の大部分を失っている場合はセラミッククラウン(被せ物)による治療を行います。

一般的な保険診療ではレジンや銀歯、CAD/CAM冠と呼ばれるハイブリッドレジンなどが使用されますが、当院では基本的にはセラミックによる治療をおすすめしております。

被せ物・詰め物にセラミックを使用するメリット

①天然歯のような自然な審美性

セラミックは透明感があり色の種類が豊富な素材のため、審美治療に優れた歯科医師が治療を行えば、見比べても違いに気付かないほど天然歯と近しい見た目を実現することができます。また保険診療で用いられるレジンのように、経年劣化による着色などもほとんど起きないため、長期的に自然な見た目を維持することができます。

②汚れがつきにくい

セラミックは表面がツルツルとしており、汚れや歯垢がつきにくいため、ご自宅での歯磨きなどのケアで汚れを落としやすく、口内の衛生環境を維持しやすい特徴があります。これにより虫歯や歯周病のリスクを軽減し、より長く健康的なお口の状態を維持しやすくなります。

③金属アレルギーの心配がない

銀歯をはじめとする金属素材を用いた補綴物は、金属アレルギーを発症する可能性があり、お口の中の腫れや痛み、かゆみなどを引き起こすことがあります。また銀歯に含まれる金属イオンが口内に溶け出すことにより、歯茎が黒く着色するメタルタトゥーなどの原因になることもあります。セラミックには金属が含まれていないため、金属アレルギーやメタルタトゥーの心配がなく、安心して治療を受けていただける素材です。

④すり減りにくく長く使用できる

特に臼歯(奥歯)の治療の際に、磨耗しやすいCAD/CAM冠を使用すると、歯の噛み合わせる面が徐々に平らになり、食べ物を噛み切る際により強い力が必要になります。噛み合わせる力が強くなれば、歯根破折や被せ物の破折のリスクが高まり、結果として歯の寿命を縮めてしまうことになります。セラミックは耐久性に優れ、摩耗しにくいため、長期的に使用でき、歯の健康を守ることにも適した補綴物です。

当院のセラミック治療へのこだわり

支台歯とピッタリ適合する精度の高い補綴物

当院ではセラミックの補綴物を制作する際に、マイクロスコープを使用して精度の高い詰め物・被せ物を製作する優秀な歯科技巧所に依頼を行っております。

被せ物の精度が低いと、被せ物と支台歯の間に軽微な隙間が生まれます。この隙間は接着剤により埋めることができますが、接着剤は数年で溶けて無くなってしまうため、数年後には被せ物と支台歯の間に隙間が生じてしまいます。この隙間から細菌が入り込んでしまうと、支台歯が虫歯になってしまいます。

当院ではセラミックの被せ物の精度にこだわり、たとえ接着剤が溶けて無くなっても支台歯とセラミックの間に隙間がほとんど生まれないような、精密な補綴物を制作して治療を行っております。

清掃性・機能性・審美性を兼ね備えた形態の設計

当院では被せ物の形態の設計の際に、『清掃性』『機能性』『審美性』の三つの要件を兼ね備え た形態であることを重視しております。

清掃性

物が詰まりにくく、歯磨きのしやすいように補綴物の形態を設計します。

隣り合う歯の間の隙間となる部分の形状が適切になるように計算し、歯磨きや歯間ブラシ、フロスなどが届かない箇所がないように慎重に形態を決定します。

機能性

特に臼歯について、歯の噛み合わせる面がシャープでしっかりと食べ物を噛み切れるような形状を設計しています。

少ない力で食事が噛み切れるような形態にすることで、支台歯にかかる負荷を減らし、歯根破折やセラミックの破損のリスクを軽減します。

審美性

過度に白すぎるお色や、周囲の歯と馴染まない形、大きさ、向きの被せ物は、例え機能性に優れていても最適な被せ物だとは言えません。

患者様が持って生まれた自然な歯の色や、周囲の歯の形状によく馴染むようなセラミックの形態とお色を選択し、見た目にも美しい治療を行います。

補綴物の材質へのこだわり

当院では詰め物や被せ物の治療の際に使用する補綴物の材質の選定を大切にしております。一般的な保険診療ではレジンや銀歯、CAD/CAM冠と呼ばれるハイブリッドレジンなどが使用されますが、当院では基本的にはセラミックによる治療をおすすめしております。

またセラミックにもいくつかの種類があり、前歯の治療の際には審美性に優れたオールセラミックを使用したり、臼歯(奥歯)の治療の際には、強い噛み合わせの力にも耐えうるジルコニアセラミックなどの素材を使用することで、審美性や機能性の要件を満たし患者様にご満足いただける治療を提供しております。

再治療を繰り返す患者様は少なくありません。
問題には必ず原因があります。
「なぜ歯が悪くなってしまったのか?」
一緒に考えてみませんか?