歯周形成外科

Periodontal surgery

  • Top
  • 歯周形成外科

歯周形成外科について

歯肉退縮(歯茎下がり)した箇所の審美性の回復や、歯茎の改善のための歯茎の移植や、ガミースマイルなど歯茎を原因とした審美不良を改善するために、歯周形成外科治療を行っております。

歯周形成外科をおすすめする患者様

    以下のような患者様には、
    歯周形成外科治療をおすすめしております

  • 矯正治療後に歯茎が下がってしまった方
  • セラミック治療後に歯茎が下がって境目が気になる方
  • インプラント治療後の前歯の審美性をより高めたい方
  • 年齢に伴う歯茎下がりが気になる方
  • 歯茎が下がった箇所に冷たいものがしみる方
  • ガミースマイルなど、歯茎が見えすぎて気になる方

歯肉退縮が気になる患者様へ

歯肉退縮とは歯茎が下がって歯根が露出し、歯が長く見えてしまう状態です。加齢や歯周病による歯茎下がりをはじめ、矯正治療中や、抜歯後の骨吸収に伴った歯茎下がりなど、さまざまなケースで歯肉退縮が起こります。

歯肉退縮をそのままにするリスク

審美性の問題

歯肉退縮は審美的な影響が大きく、特に前歯の歯肉が退縮すると歯が長く見えて違和感のある見た目になりやすいです。前歯の審美性が低くなることで、人前でお口を開けて笑うことに抵抗を感じる、食事の際に大きく口を開けられない、といったお悩みを抱える患者様もおられます。

根面う蝕

通常は歯肉によって保護されている歯根が、歯肉退出によって露出すると、歯根部の虫歯(根面う蝕)が起きることがあります。根面う蝕は進行が早いという特徴があり、歯髄炎や根尖性歯周炎といった症状に発展するリスクがあり、これらの症状まで進行すると抜歯のリスクも生じます。

知覚過敏

本来は歯肉によって保護されている歯根には、エナメル質がありません。エナメル質がない歯根は刺激に敏感なため、冷たいもの・熱いものを口にした際にしみたり、歯ブラシの際に痛みを感じたりといった、知覚過敏の症状が現れることがあります。

セラミック治療後の歯肉退縮

セラミック治療後に加齢や歯周病によって歯肉が退縮すると、歯茎とセラミックの隙間が黒く見えてしまうようなケースがあります。こういったケースも、歯周形成外科治療によって根面の被覆を行うことで、審美性の改善を行うことが可能です。またセラミック歯の内側に細菌が入り込むことによる二次カリエス(被せ物の内側の虫歯)を防ぐことにも繋がります。

矯正治療に伴う歯肉退縮

矯正治療に伴い歯肉退縮が起きることがあります。特に非抜歯の矯正治療を行う際、歯を並べるスペースの確保のために、歯を前方に移動させることで歯列のアーチを広げるようなケースでは歯肉退縮がおこりやすくなります(前方拡大)。

せっかく歯並びが改善したのに歯肉退縮による審美性の問題に悩む患者様も多く、矯正治療後の根面被覆は患者様にもお喜びいただくことが多い治療です。また根面被覆を行うことで、審美性の改善だけでなく、根面う蝕や歯茎のしみを防ぐことにも繋がります。

インプラント治療後の歯肉退縮

抜歯を行った箇所には必ず顎の骨の吸収(顎の骨が減少すること)が起こります。それと同時に、骨の吸収に伴ってその上の歯茎も退縮します。歯肉を模した床(しょう)がある部分入れ歯と異なり、インプラントには歯肉を補うような機能はないため、歯茎が退縮したままインプラント治療を行うとインプラントだけが周囲の歯と比べて長く見えてしまいます。

こういったケースではFGGやCTGをはじめとする歯肉移植を行うことで、歯肉の量や厚みを回復させ、審美性の問題を解決することができます。またしっかりと硬くて厚みのある歯肉を移植することで、インプラント周辺のブラッシングを行いやすくなり、インプラント周囲炎の予防にも繋がります。

根面被覆(軟組織造成)
について

ガミースマイル(歯茎の見えすぎ)が気になる患者様へ

上顎の歯茎が過剰に発達し、歯肉が歯に覆い被さっている範囲が広いと、笑った時に歯茎が見えすぎるガミースマイルと呼ばれる状態になります。ガミースマイルには健康被害はありませんが、審美的に不利に働くことがあります。このような歯茎の過剰発達が原因のガミースマイルは、歯周形成外科の治療により改善することが可能です。

歯肉形成によるガミースマイル治療

過剰発達した歯茎を電気メスやレーザーによって切除することで、歯が見える範囲を広げてガミースマイルを改善することができます。切除する歯肉は2mm〜3mmほどの範囲で、局所麻酔を行い痛みを感じない状態で切除します。手術時間も30分〜1時間程度で当日お帰りいただくことができ、術後のダウンタイムも短いため人気の高い治療です。

    歯肉形成(歯肉の切除)が
    おすすめの方

  • 笑顔になると歯茎が見える
  • 歯茎に歯が覆われている範囲が広い
  • 歯茎のラインが左右非対称
  • 歯が小さく歯茎が目立ちやすい
  • 短期間でガミースマイルを改善したい

歯肉形成とセラミック矯正の併用がおすすめです

歯肉形成によるガミースマイル治療を行うと、これまで歯茎に覆われていた歯が露出するため、知覚過敏の症状が現れることがあります。セラミック矯正を併用して治療を行うことで、知覚過敏を防止することが可能です。またセラミック矯正を行うことにより、歯茎の後戻りを防ぎ、さらに歯並びの改善や歯の色、形の調整も同時に行うことが可能です。

セラミック治療について

再治療を繰り返す患者様は少なくありません。
問題には必ず原因があります。
「なぜ歯が悪くなってしまったのか?」
一緒に考えてみませんか?