インプラントを長持ちさせるためのポイント

Implant point

  • Top
  • インプラントを長持ちさせるためのポイント

インプラントを永く使い続けていただくために

当院ではインプラントを長持ちさせることを、治療における最重要と言っても良い課題だと考えております。

インプラントは自費治療のため、安くはない費用がかかります。また外科手術を伴うため治療にかかる期間も長く、多くの方は『一大決心』してインプラント治療を受けることを決められているのだと思います。そんなインプラントが治療後に長持ちせずに、数年でダメになってしまったというのでは患者様の落胆も大きいでしょう。

当院ではインプラントがより長持ちし、ずっと患者様に笑顔でお食事を楽しんでいただけるような治療を心がけており、そのためのさまざまな工夫を凝らしております。

インプラントの寿命について

インプラントの寿命は一般的に、15年〜20年ほどだと言われています。インプラントの寿命に関する論文はさまざまありますが、そのほとんどでインプラントの10年生存率は90%〜95%を超えていると報告されており、このことからインプラントの寿命は少なくとも10年以上、一般的には15年〜20年前後だと考えられます。

インプラントが寿命より早くダメになる原因

歯を失う原因で最も多いものは何だかご存知でしょうか?日本人が歯を失う理由の第1位は『歯周病』第2位は『虫歯』です。

では、インプラントが寿命より早くダメになる理由はどういったものがあるのでしょうか?インプラントは人工物のため、虫歯になることはありませんが、実は天然の歯を失うのと同じようにインプラントの歯周病(インプラント周囲炎)を発症してインプラントが脱落してしまうことが知られています。

またそれ以外にも、さまざまな要因によってインプラントが寿命をまっとうできずに、短い期間で使い続けられなくなってしまうことがあります。

    インプラントが寿命より早くダメになりやすいケース

  • インプラント周囲炎に罹患した
  • 重度の歯周病がある方
  • 噛み合わせが悪い
  • 歯肉が不足している
  • 骨の高さや厚み、量が不足している
  • ect...

インプラントを長持ちさせるための取り組み

当院では患者様のインプラントをより長持ちさせ、15年、20年、25年と使い続けていただくために、さまざまな工夫を凝らした治療を行っております。

ここでは当院がインプラントを長持ちさせるために行っている取り組みの一部をご紹介させていただきます。

歯槽骨の量、高さ、厚みのチェック

天然の歯と顎の骨(歯槽骨)の間には、歯根膜と呼ばれる組織があります。抜歯を行うと、歯根膜が失われてしまいます。そのためインプラントには歯根膜がありません。歯根膜は歯槽骨に栄養を供給する大切な役割を持っています。そのためどれだけ上手くインプラントを埋入しても、月日が経つと共に徐々にインプラント周辺の歯槽骨は痩せてしまいます。

元々の骨の量や高さ、厚みが十分であれば、少し骨が痩せたとしても問題が生じることはほとんどありません。しかし骨が薄い部分にインプラントを埋入してしまうと、将来的に骨が痩せた際に問題が生じやすくなってしまいます。

患者様の骨の量が少ない場合や、比較的骨が薄い箇所にインプラントを埋入しなければならない際、当院ではインプラント治療前に骨の増生治療を行い埋入に十分な骨量を確保することで、インプラントをより長持ちさせております。

歯茎の移植によるインプラント周囲炎の防止

インプラントを埋入する際に実は非常に重要になるのが、インプラント周囲の歯茎の状態です。正常な歯茎の歯肉は硬く動かない引き締まった状態で、これを角化歯肉と呼びます。しかし歯周病や加齢などさまざまな理由で、歯茎が柔らかくブヨブヨとした状態(可動粘膜)になってしまうことがあります。

可動粘膜は歯磨きの際に痛みが生じやすく磨きにくくなったり、歯茎と歯の間に隙間(歯周ポケット)が出来るため、歯垢が溜まりやすくなります。結果としてインプラント周囲炎に罹患しやすくなってしまい、インプラントが長持ちしにくくなります。

当院ではインプラント埋入箇所に硬い角化歯肉を造るための、歯肉の移植術などの処置を行うことで、インプラントの予後がより良くなるように取り組んでおります。

骨造成・軟組織造成について

インプラントの埋入位置へのこだわり

インプラントの埋入位置を厳密に調整することが、インプラントを長持ちさせるためには非常に重要です。抜歯を行うと、必ず骨の吸収(骨が減少してしまうこと)が起こります。インプラントは骨に人工歯根を埋入することで上部構造の安定を得る治療のため、骨が吸収し不足していると十分な安定が得られません。特に前歯部は奥歯よりも大きく骨が吸収されることが知られており、前歯へのインプラントの埋入はより難しくなります。

骨が不足している状態の歯槽骨に無理にインプラントを埋入すると、結果として埋入位置が悪くなってしまい、上部構造の人工歯の形態を調整することで辻褄を合わせるようなことになってしまいます。結果として清掃性の悪い形態や、噛み合わせの悪い形態、審美的でない形態の人工歯を装着することになってしまい、インプラントの破折やインプラント周囲炎を引き起こすことになります。

そこで当院ではインプラント埋入の位置を厳密に調整し、理想的な位置への埋入が難しければ骨造成などの治療で埋入が可能な環境を整えます。これにより適切な位置へインプラントを埋入することが可能になり、同時に理想的な形態の人工歯の形態を設計することができるため、インプラントの破折やインプラント周囲炎を防ぎ長持ちさせることが可能となります。

他院で行ったインプラントも長持ちさせられる場合があります

インプラントを長く健康的に使い続けるためには、定期的にメンテナンスを受けることが非常に重要です。何らかの理由で最初にインプラント治療を受けた医院に通えなくなってしまった場合、当院でメンテナンスを引き継ぐことで、患者様のインプラントをより長持ちさせることが可能です。

例えばインプラント周囲炎の前段階であるインプラント周囲粘膜炎ですが、ほとんど自覚症状がなく、患者様ご自身が気付いた時にはインプラント周囲炎にまで進行しており、インプラントを撤去せざるを得ないような状況になっていることが珍しくありません。しかし定期的にメンテナンスに訪れていただければ、インプラント周囲粘膜炎の段階で治療を行い、インプラントを維持できる可能性が格段に高まります。

他院で行ったインプラントのメンテナンスには高い技術と知識を要するため、一般的な歯科医院では断られてしまうことも多いようです。当院の藤尾院長はインプラントについて専門的な知識を有しており、さまざまなケースに対応できますので、ぜひ一度お問い合わせください。

他院でのインプラントで
お困りの方へ

再治療を繰り返す患者様は少なくありません。
問題には必ず原因があります。
「なぜ歯が悪くなってしまったのか?」
一緒に考えてみませんか?