入れ歯

Dentures

  • Top
  • 入れ歯

当院の入れ歯治療について

当院の藤尾院長は歯科大学で義歯(入れ歯)について専門的に学び、現在に至るまで数多くの入れ歯治療を手がけた義歯のスペシャリストです。

入れ歯には痛いというイメージや、噛みにくい、ズレたり外れたりするという印象をお持ちの方も多いかと思いますが、実際にはしっかりとした診断と緻密な設計を行うことで、お口にフィットする快適で良く噛める入れ歯を制作することが可能です。

抜歯を宣告されて入れ歯治療を検討されている方、現在ご使用の入れ歯に満足できていない方など、入れ歯に関わることならどのような内容でもぜひ当院にお任せください。

入れ歯とは

部分入れ歯

歯を数本失った場合に使用する入れ歯です。隣接する歯を支えにしてして入れ歯を固定します。

数本の歯を失った場合にはブリッジやインプラントが選択肢になる場合もありますが、部分入れ歯にはブリッジと比べて支えにする歯を削る量が少ないというメリットや、インプラントのような外科手術が必要ないといったメリットがあります。

またこれらの治療と比較した際に、部分入れ歯は唯一取り外しが可能な治療装置ですので、清掃性が高くメンテナンスしやすいという特徴があります。

総入れ歯

片顎全ての歯を失ってしまった場合には、総入れ歯での治療を行うのが一般的です。総入れ歯歯は歯の役割を担う人工歯と、歯茎を補い全体を固定する役割を持つ床(しょう)によって成り立っています。全ての歯を失っている場合、入れ歯を固定するために引っ掛ける箇所がないため、床を歯茎に吸着させて入れ歯を固定します。

インプラントオーバーデンチャー

歯の代わりにインプラントを固定源にする特殊な入れ歯をインプラントオーバーデンチャーと呼びます。

一般的な総入れ歯は床と歯茎を吸着させることで固定しますが、インプラントオーバーデンチャーはインプラントを固定源にするため、より強固に固定することができ、入れ歯ががズレたり外れたりしにくく、食事もよく噛めるようになります。

部分入れ歯の場合、本来であれば健康な天然歯に入れ歯を固定するための金具(クラスプ)を引っ掛けるところを、インプラントを固定源にすることで天然歯にかかる負荷を軽減し、まだ健康な歯が金具による負荷で悪くなってしまうことを防ぐことが可能です。

インプラントオーバー
デンチャーについて

一人ひとりのお口の問題に対応するオーダーメイドの入れ歯

入れ歯治療に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?何本か歯を失ったらとりあえず入れ歯で治療を始めて、歯が悪くなるにつれて徐々に大きな入れ歯に変わっていく。入れ歯が必要な状態になったら、お口全体の歯がどんどん悪くなっていくのは仕方がないこと。そんなふうに思われている方も多いのではないでしょうか。

確かに保険診療で作る一般的な入れ歯は、お口全体の噛み合わせの維持などは難しく、総入れ歯の場合もしっかりと噛みにくかったり、ズレたり外れたりしやすいのはある程度しかたないことだと受け入れる必要があります。ですが自費治療の精密で患者様一人ひとりのお口の状態に合わせた入れ歯であれば、残っている歯に負荷をかけない入れ歯や、しっかりと硬いものも噛めるような総入れ歯を作ることは、十分に可能です。

当院の入れ歯治療は、歯科大学で入れ歯について専門的に学び、これまで数多くの入れ歯治療に携わってきた藤尾院長が行います。単に歯がない箇所を補うために入れ歯を制作するわけではなく、以下のようなポイントにも留意しながら、オーダーメイドの精密な入れ歯を作ります。

  • 患者様の顎の土手の状態はどうか
  • 残っている歯は健康で維持させられるか
  • お口全体の噛み合わせの良し悪し
  • 筋肉の力の強さや左右の偏り
  • 患者様は入れ歯でどんな食事を摂りたいか

このようにさまざまな点に留意しながら入れ歯を制作することで、患者様のお口の問題や、今ご使用されている入れ歯へのお悩みを解決し、お口によくフィットしてしっかりと食事が楽しめる、オーダーメイドの精密な入れ歯を作ることが可能になります。

当院では金属床義歯をオススメしております

入れ歯にはさまざまな種類がありますが、金属床義歯と呼ばれる床(しょう)の部分が金属でできた入れ歯を当院ではオススメしております。

一般的な保険診療の入れ歯は床にレジンという歯科用プラスチックを使用します。レジンは強度の低い素材のため、噛むたびに入れ歯全体がたわみ、入れ歯を引っ掛けている歯に強い負荷がかかりやすくなります。

床のたわみによる歯への負荷は、毎日の食事のたびに少しずつ歯を抜いているような状態だと表現されることもあり、元々健康で長く持つはずだった歯の寿命を大幅に削ってしまうこともあります。

金属床義歯は床の部分が金属でできており、入れ歯にたわみができにくいのが特徴です。当院で金属床義歯を制作する際には、患者様の噛み合わせの強さなども考慮し、入れ歯がたわまないように金属の厚みを調整し、お口の違和感がなく、たわみも生じにくい患者様一人ひとりにとって最も適した金属床義歯を作ります。

患者様の気持ちに寄り添った治療をご提案します

当院の藤尾院長は歯科大学で入れ歯について専門的に学んだ入れ歯治療のスペシャリストでありながら、インプラントなどの治療にも精通しており、さまざまな治療を行うことが可能です。患者様のお口の状態や心理的な問題も加味した上で、最適な治療をご提案いたします。

過去に治療を行わせていただいた患者様で、噛み合わせが強く歯根破折したことが原因で、歯を失われた方がおられました。噛み合わせがかなり強い患者様でしたので、本来は入れ歯よりも耐久性の高いインプラントでの治療が適応になるケースでした。しかし患者様はインプラントにあまり良いイメージを持っておられず、入れ歯での治療を希望されました。

それにより、耐久性の高い金属床義歯を設計し、人工歯にもセラミックを使用することで、噛み合わせにも問題なく入れ歯をご使用いただくことができました。学術的にはインプラントでの治療が望ましいようなケースでしたが、入れ歯への深い知見と、なにより患者様の気持ちに寄り添うことを大切に考える藤尾院長だからこそ可能となった治療であったと思います。

上記はほんの一例で、当院では全ての患者様のお話をしっかりと伺い、患者様が歯を失われた原因と向き合い、それに対応した治療を行なっております。現在の入れ歯でお困りの方や、今後入れ歯が必要になるという方は、ぜひ一度当院へお越しください。

再治療を繰り返す患者様は少なくありません。
問題には必ず原因があります。
「なぜ歯が悪くなってしまったのか?」
一緒に考えてみませんか?