低侵襲歯周病治療

  • Top
  • 低侵襲歯周病治療
症例 2023.9.14

こんにちは、皆さん。歯科・矯正歯科医院の院長の藤尾です。

皆様、歯の定期検診を受けていますか?自覚症状がないからといって、歯の健康を軽視してはいけません。今回は歯周病についてお話しします。

歯周病は、自覚症状がほとんどなく、ゆっくりと進行するため、Silent Diseaseとも呼ばれています。定期的な歯科検診は、これを早期に発見するために非常に重要です。

最近、ある患者さんが当院に定期検診に来てくれました。患者さんは虫歯の経験がほとんどなく、お口の健康に自信を持っていました。しかし、検診の結果、進行した歯周病が見つかりました。

歯周病の原因の治療、そして失った組織(歯肉や骨)の回復手術について詳しく説明しました。患者さんはショックを受けましたが、まだ取り返しがつくことを伝え、当院での治療に前向きに取り組むことを決意されました。

手術前と手術後の結果は驚くべきもので、歯と歯の間の歯茎が回復し、歯周病で失った骨も再生しました。

次回のブログ更新もお楽しみに。口腔健康を守るために、定期的な検診は欠かせないことを忘れないでください。

症例写真

手術写真

そして回復した状態を維持するための指導もさせていただき、現在も定期的に通院していただいています。

この事例からも分かるように、定期的な歯科検診は非常に重要です。

詳細な情報や個別の治療計画については、当院でご相談いただければと思います。あなたの口腔健康を守るお手伝いをさせていただきます。

症例詳細

主訴検診の中で歯周病の進行を確認
年齢43歳 女性
治療内容骨移植材を併用した低侵襲の歯周組織再生療法
期間約1年
費用12万円
治療のメリット・失った組織の再生により、歯の寿命を伸ばす
・術後の痛みや、腫れはほとんどない
治療、治療後のリスク・適切な診断がなされていないと再発する恐れがある